メレンゲ用。

おたくがライブを記録しています。

クボ×金木@someno kyoto



⚫︎17:30開場 18:00開演

⚫︎O.A砂川信裕/金木和也/クボケンジ

⚫︎セトリ

ボタン

CAMPFIRE

うつし絵

恋ならいいのに(金木和也カバー)

赤いスイートピー(松田聖子カバー)

東京

ladybird

forget me not(尾崎豊カバー)

アイノウタ

en.)タイムマシンについて(金木くんとコラボ)


・最前の健太さん真ん前の位置に座った

・砂川さんがとても私の好きな感じだった…「足震えてるなぁ!ほんとに俺はもぅ…」ってド緊張してるのとか、「おじぃとおばぁが…」って話し出すのとか、話の着地点がなくなって「何なんだよって思った?だよねぇ…ごめんねぇ…」とか。母性本能くすぐる系のやつ…

・「アーティストの中で一番のクボさんファン」という認識でずっと知ってた金木くんもやっと見れた。良かった。ヘブンリーデイズのカバーしてくれた。

・金「高校生の時から聞いてて!全然知り合う前だから、クボケンジって呼んでたんすけど!」そんなクボさんと2マンなんて…って涙にじませてて「俺今日泣いちゃう気がしてる」って言ってた。


・黒い薄手のジャケットみたいなカーディガンを前開け、中が白、迷彩っぽいズボン

ツイッターでの宣言通り、ハンドマイククボンゲ。ギターも一応持ってきたとのことで後ろに置いてある。健「いつでも弾き始めていいですよ。」

・ちょいちょい、「弾きたくなってきました?」と確認する健太さん。ク「ならん!!」「気が向いたらな!」「向くんかな?」

・ladybirdでやっとギターを持って立ち上がる!!!!ク「クボ先生、ついに筆をとる!みたいな笑」でも一曲でまたギター置いて座るクボさん(笑)立ってギター弾いて歌ってるとこが一番かっこいいのにな〜〜

・ク「おれ髪切ったんよー。わかる?」私(全力で頷く。物販で言おうとしてた。)健「帽子してるからわかんないでしょう」

・健太さんが眼鏡をかけてたとき、夕方になってやっと言ってくれたクボさん。

・健「いつもその時しか見てないからクボさんは!」ク「今日はちゃんとホテルとった!健太がマネージャーに言ったんやろ、ホテルとってくださいって」健「それクボさんに言っちゃったんですね?!ちょっと最近色々続いててさすがにホテルで寝たくて…。言っちゃったんですね…まぁあの人(マネージャー)らしい…」ク「あいつらしい」

・ク「金木ファンが多いんやろ?」と金木ファンに拍手させて、ク「前の方が特にひでぇな!」前列の私と逆側が金木さんファンだらけでした笑

・前に物販?で「金木くんのファンなんです」と言ってきたおばさんがいた!とクボさん。ク「まぁありがたいですよ、こんなおじさんも見にきてくれて…」笑

・金木くんの2ndアルバムをプロデュースした時は時間もなくてわりと自分の好き勝手にやってしまったそう。ク「申し訳なく思ってます」

・ク「ツヨシは考えなくなった!だから俺がやりたいようにやってます」的なこと言ってて笑った。自分の意思を持たなくなった的な(笑)

・金木くんの曲をカバーする時、またしても盛り上がる最前金木ファンさんたち(笑)レア曲らしく、泣いてくれてる方もいたなあ。

・最初歌うのやり直して、ク「ちゃんと歌いたいからな。」健「また(難しい前奏)弾くのか…」

・「東京でやって味をしめた」と、赤いスイートピー。嬉!!!!やっぱり二回目の「スイートピー」を客に歌わせるクボさん。ちょっと前から客席指さして何なら一瞬腰浮かせて促してた。

・ク「松田聖子好きなんですほんとに。歌が。他もやりたいけど、ぶりっこすぎちゃう」健「いいじゃないですか」ク「時間の国のアリスとか。♪じかんのくにーの ありすー(かわいい)(かわいい)」健「強烈(って意味だけど強力って言い間違えてた)ですね。でも、時計をチラっと見るたび泣きそうになるのも十分強烈ですよ」ク「意外とわかるけどな!乙女思考」

・金木くんのことをギターうまいと褒めるクボさん。ク「ギター持った時から上手いんだよあれは、」健「僕50時間くらい練習したけど全然だめです。でもクボさんもうまいじゃないですか、ってプロに言うことじゃないけど」ク「ほんまにぃ(にこにこ)」

・アンコールで、カーテンからパッ♪て登場してきたクボさん可愛かった

・金木くんを呼ぶ。ク「お前俺のことほんまに好きなんか?!」

・元カノがみんなメレンゲファンだったと金木さん。ク「それすごい確率やな!笑」金「俺のこと好きじゃなくなっても、クボさんのことはみんなまだ好きだと思います」ク「俺のとこ来てもいいんやで??金木のってことは25歳とかやろ?それもありやな…危ないか?笑」

・ヘブンリーデイズをカバーしたのは、通な感じを出したかったのと、「カッシーニが最初に聴いた曲で、八月落雷が二番目で。でもクボさんと被っちゃうかなと思って」ク「そういうとこ考えてくれてたのね!」

・金「やらへん」ク「やらへん〜」

・金木くんが1stでカバーした、タイムマシンをコラボする。最初は金木くんが歌ってクボさんはギター!!ギタリストくぼんげ!

・2番でクボさんが歌い出したときに、泣きそうな顔になった金木くん。クボさんはずっとニコニコしながら弾いてて、何回も金木くんの顔見て嬉しそうで、ああクボさんもすっごい嬉しいんだろうなと思った。そして、頑張る若者を見守るおじさん感があった!笑

・最後、ク「ハモリめっちゃうまいね(笑)どーする?何かひとこと言う?」金「いやっ…」ク「ありがとうございました〜♪」

・金木くん、最後に捌けるときカーテンの出口を見つけられず慌ててた。かっわ。緊張してたんだろうなと微笑ましかった…




・物販(紺色さくらんぼTシャツ)

細かいお金なかったけど探したらあって、その過程を見てたから「細かいの作ってきてくれたの?」って笑ってくれた健太さん。

私の番になって前に行ったら

ク「あっ…」

何が「あ」なんですか!って聞けばよかったのに緊張ですぐ話し出しちゃって聞けず😭😭

私「紺色ありますか…?」

ク「紺色?もちろん!」

健「Mしかないけど」

私「Mでいいです!!あとここにガンバレって書いてもらっていいですか?」

ク「ここに?サキさん?(前のサインを見て)」

私「はい…!」

ク「これ(薄い方のサイン)いつのや?」

私「一年前くらい…これとこれ同じ日で、水性ペンだからって二個書いてもらって」

健「意外と残るんだね」

私「残るんです!!水性ペン!!!!」

ク「またここでいいの?こっち?何ががんばれなの?(顔見ながら優しい顔で)」

私「えっ…えっと保育士で、運動会があって、運動会の係の代表で…今しにそうなんです…笑」

ク「それはそれは!立派な!(?)」

私「あ、東京から来たんですけど、明日も行きます!」

ク「東京の人なんやねー」

私「でも明日新幹線に間に合わなくて…途中で帰るんで……」

健「えっそんな遠いの?」

ク「えっ何時?」

私「最終が21:37で…20:40とかに出なきゃ間に合わなくて…」

ク「そうやなぁーー」

私「だからレアな曲は最初にやってください(笑)やるなら(笑)」

ク「(笑)(身を乗り出して)えっレアな曲ってなに?(笑)」

私「…フジファブリックのカバーとか…(笑)」

ク「(笑)フジファブリック聞きたいんならフジファブリックのライブ行けや!!!」

私「(笑)メレンゲがいちばんです…」

ク「でも健太フジファブリック前やったことあったっけ?」

健「若者のすべてくらいなら」

ク「あーーー」

健「でもまぁクボさんが一人で弾けばいいんじゃないですか?」

ク「一人でやりたくないねん、もう(笑)」

私「えーーー。あ、あと、声とか」

ク「声ね!声ならいけんちゃう?」

私「はい………ラストとかやめてください(笑)」

ク「わかった!あれっTシャツ渡したっけ?」

私「あっいただきました!!!ありがとうございました!!!!」

ク「ありがとうね〜」